pg_dumpを使ってテーブル単位のバックアップを行った場合、 pg_restoreを使ってリストアする際にテーブル名を指定すると、 インデックスが戻ってくれませんので注意が必要です。

テーブル名を指定してdumpファイルを作っているわけですから、 そのままリストアすれば良いということになります。





CentOSでパッケージ管理を行う際は yum というコマンドを使います。
yumの設定は /etc/yum.conf で行います。

■/etc/yum.conf
cachedir=/var/cache/yum    //キャッシュディレクトリ
logfile=/var/log/yum.log    //ログファイルのパス


■yumのサブコマンド
サブコマンド 内容
check-update アップデート対象のパッケージリストを表示
update パッケージ名 指定したパッケージをアップデート
install パッケージ名 指定したパッケージをインストール
remove パッケージ名 指定したパッケージをアンインストール
info パッケージ名 指定したパッケージの情報を表示
list 全パッケージ情報をリストで表示
repolist リポジトリ一覧を表示
search キーワード パッケージ情報をキーワード検索する
search all キーワード パッケージをキーワード検索する
(パッケージ名だけでなく説明文なども検索)
grouplist パッケージグループをリスト表示
groupinstall グループ 指定したグループのパッケージをインストール


サブコマンドを全部使うことなんてほとんどないと思いますので、
主要なサブコマンドだけ覚えておくだけで、かなり役立ちます。

インストールとかアップデートって簡単だなって思ってしまいますが、
yumコマンドが素晴らしいだけなんですよね。。。






apt-getよりも高度な機能を持っているのがaptitudeコマンドです。

と参考書などには書かれていますが、個人的にあまり使う機会がありません・・・
パッケージの検索などに正規表現が使えるというのが強みのようです。

update パッケージデータベースを更新
show パッケージ名 パッケージ情報を表示
search パターン(正規表現) 指定したパターンでパッケージを検索
install パッケージ名 パッケージをインストールまたはアップグレード
remove パッケージ名 設定ファイルを残してパッケージをアンインストール
purge パッケージ名 設定ファイルも含めてパッケージをアンインストール
download パッケージ名 パッケージファイルをダウンロード
dist-upgrade Debianのシステムを最新にアップデート
upgrade システムの全パッケージを安全にアップデート


以上のようなサブコマンドが用意されています。
例えば、apacheをインストールしたい場合は、

# aptitude install apache2


という感じでコマンドを実行します。

さて、aptitudeの本領は正規表現を使えるところですが、
正規表現を使って検索するには、以下のような記述方法を用います。


~n[正規表現] [正規表現]にマッチするパッケージを検索
(パッケージ名を検索)
~d[正規表現] [正規表現]にマッチするパッケージを検索
(パッケージの説明文を検索)
~V[正規表現] [正規表現]にマッチするパッケージを検索
(パッケージのバージョンを検索)
~i インストール済みのパッケージを検索
~U 更新可能なパッケージを検索
~M 自動的にインストールされたパッケージを検索


使い方は以下のような感じです。

//apache2という文字列を含むインストール済みのパッケージ名を検索
# aptitude search "~napache2~i"


ダブルクォーテーションで括ったり、オプションとパターンが連なっていたりして、
普段使っているコマンドと違っているので違和感ありますが、
これに慣れると柔軟にパッケージの検索ができそうですね。



viで開いたファイルに行番号を表示する方法は紹介しましたが、
それにプラスして指定行へジャンプする方法も覚えておくと、さらに便利です。

指定行へジャンプするには、viでファイルを開いた後に
「:n」と入力してEnterキーを押下します。
nにはジャンプしたい行数を入力します。


      4     
      5     Movable Type Read Me
      6                                                                                                                                                                       
      7     
:50  //←入力後にEnterキーを押下すると50行目にジャンプします


行数の多いファイルは、行番号の表示と指定行へのジャンプ機能を使えば、
比較的楽にファイル操作が行えると思います。






行数の少ないファイルは特に使いづらさを感じませんが、
行数が多くなるとviでファイルを開いた後の編集は不便ですよね。

プログラムのデバッグなどで何度も修正するとき、
毎回修正箇所を探すのはかなりの労力になります。

そんなときは行番号を表示すると便利です。
ここでは、movabletypeのreadmeファイルを開いてみます。

    
    Movable Type Read Me
    
    



見にくいですよね。
これを改善するために行番号を表示します。

行番号を表示するには、viでファイルを開いた状態で「:set nu」と入力します。


    
    Movable Type Read Me
    
    
:set nu  //←入力したらEnterキーを押下




入力後は以下のように表示が変わります。


     4     
      5     Movable Type Read Me
      6                                                                                                                                                                       
      7     


これだと使いやすさがそれほど伝わりませんが、
実際に使ってみると効果は抜群です。
どこで改行してるのかってのもわかりやすいですしね。

あとは、指定行にジャンプできるともっと便利ですが、
それは別の記事で紹介したいと思います。





このページの上部へ

サイト内検索

連絡先

未熟者ですので何かと間違い等あると思います。 優しくご指導いただける方は以下のメールアドレスまでお願いいたします。
その他のご連絡もこちらまで。
連絡先

広告